読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クラブワールドカップ準決勝

長居スタジアム初観戦。

ものすごい数の南米チャンピオンのリバープレート応援団の大合唱の中、われらがサンフレッチェの勇気あふれるプレーに心が震えた。

浅野を最初から使うのかな、と思っていたが、皆川を選択した森保監督の采配が的中した。
前半は、目の前で何度も惜しいシュートをキーパーに弾かれるシーンにおおいに興奮した。

何度も決定的なピンチを林が防ぎ、延長戦も見えてきたときにセットプレーから、たまたまゴールを入れられた。


そして、最後は、FIFAが買収したと思われる審判が時計をごまかして慌てて笛吹き、試合を終わらせた。そこまで相手を追い詰めていた。


試合後、サンフレッチェのマフラーで帰っていると、何度もリバープレートのサポーターに握手された。ああ、こんな試合をドイツワールドカップのブラジル戦で見たかったんだよな。